今月、金欠でピンチ!そんな時はキャッシングを考えてみよう

今月も残りあと少しですが、金欠でピンチです。どこからかお金を借り入れることができれば助かるのですが、何か良い方法はありませんか?できれば、安心して借りられるところを探しています。

銀行系のキャッシングサービスを利用することができます

キャッシングとは、お金を借りることです。銀行系ではキャッシングサービスを提供しています。手続きも、来店不要でネット申し込み、スピード審査なので、手元に現金がない場合は便利だと思います。お近くのATMなどで借り入れることができます。また、銀行系は金利が低めに設定されているので、返済しやすいと思います。そして、銀行系ですので、信頼があり安心感があります。

銀行系のキャッシングサービスを利用する以外に、クレジットカードにキャッシング機能が付いている場合もあります。お手持ちのクレジットカードを一度確認してみましょう。キャッシング機能が付いていれば、利用限度額の確認後、その範囲内でお金を借りることができます。

キャッシングをした後の返済方法は、一括払いと分割払いがあります。以前までは、キャッシングは翌月に一括払いして返済していましたが、現在では、分割払いもできますので、利用者はどちらかを選択することができます。

キャッシングをする際は、しっかりと返済計画を立ててからするようにしましょう。返済は翌月になりますが、万が一、支払いの遅延を起こすと印象が悪くなり利用停止や利用限度額の減額になる場合もありますので、気をつけるようにしましょう。

ちょっと待って!金欠時のキャッシングで気を付けることとは?

クレジットカードなどでお金を引き出すことを「キャッシング」といいます。もしもの時の金欠状態を回避するのに有効な手段ですが、あなたの口座からお金を引き出すことはキャッシングとは少し異なります。ここではコンビニや銀行のATMで、一時的に金融機関からお金を借りて、お金を引き出す行為を指します。

キャッシングを利用するには、任意の金融機関でクレジットカードかローンカードを発行すれば可能です。発行には審査が必要ですが、一定の収入と住所があれば、殆どの場合発行してもらうことができます。後はATMからキャッシングを選択して任意の金額を引き落とすだけ。簡単ですね。ちなみに最大引き落とし額はカードの設定や年収などで左右されます。

返済に関しても様々です。翌月などに口座から自動引き落としや、ATMや任意の窓口で返済などが該当します。引き落としは登録の際に決まっていますが、窓口やネットの申請で変更することも可能です。一括や短期の返済なら無利息の場合もありますが、分割や返済が長期にわたってしまう場合は金利が年4~18%程度ついてしまうので注意が必要ですね。

もし、あなたがキャッシングの利用を毎月のように利用したいと考えているなら、それは危険です。まずは生活を見直して、キャッシングに頼らないで済む生活から始めて見ませんか。そうすれば、今よりずっと良い関係でキャッシングとつきあえるはずです。普段使いより、困ったときの救済措置!キャッシングを使うときは、そうありたいものです。

キャッシングとは言い換えれば「借金」です。そんなイメージが無いため、人によってはつい多用してしまいがちですが、自分自身が気を付けないと悪いものになり得るものです。返済の義務とリスクを理解して、上手につきあっていきたいものですね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 即日キャッシングをお探しなら!※安定評価の業者はここだけ! All Rights Reserved.