意識調査の結果を参考にカードローンの実態を見てみよう

これからカードローンを利用してみようかなと考えています。なんといってもカードローンは種類がたくさんあるので迷います。そこで、みなさんは何を基準にカードローンを教えてほしいです。

多くの方は金利・安心・返済の自由度を基準に選んでいます

とある銀行の意識調査によりますと、利用者の多くは、低金利で安心かつ返済がしやすいカードローンを選んでいます。この基準に該当するものとしては、やはり銀行系のカードローンが多いようです。銀行系のカードローンであれば、一般的には低金利で返済がしやすいです。また、銀行ですので信頼や安心感もあります。カードローンをこれから利用するのであれば、銀行系のカードローンがよいでしょう。

また、銀行系のカードローンを選んだ方の多くは、今後も繰り返し利用していきたいと考えているようです。銀行に対する信頼と安心が表れだと思います。そして、カードローンを利用している者のおよそ3割弱が定期的に利用しています。現在の、カードローンは利用限度額内であれば何度でも利用することができ、返済方法もコンビニなどのATMでできるため、非常に便利です。

では、カードローンを利用している方の目的を見てみましょう。こちらも、とある銀行の意識調査によると、主に娯楽・交際費と生活費でカードローンを利用しているようです。カードローンは急な出費にも対応することができるため、これらの費用に充てることができます。

カードローンに関する情報集めは、ネットからが多いようです。利用する際は、まずは情報を集めて、自分の目的に応じたカードローンが選べるようにしましょう。ただし、その前に、きちんと返済計画を立てておくことが必要です。

やっぱり気になる!?カードローンに関する国民の意識調査

あなたは、カードローンを利用したことがありますか?現代社会において、カードローンの利用は当たり前となっていますが、一体どれだけの人が、どのような用途に使っているのでしょう。また、いくら借りたのか、返済はどのくらいの回数や金額で行っているのか…。ちょっとだけ気になりませんか。そういったデータを調べてみましたので一緒に見ていきましょう。

まず、カードローン利用者ですが、利用したことのある方にアンケートをとった所、全体の28%が定期的に利用しているという結果になりました。年収が400万円未満では23%、である一方で、年収が800~1000万円クラスの方となると32%の方が定期利用を!高額な買い物で利用しているのか、気になる所ですね。

一方で年齢からみると全体的に若年層の利用割合が高いようですが、これはCMでのブランドイメージや、終身雇用の崩壊、カードローンの歴史自体が浅いから…などが想像できますね。普及率から考えると10年後、20年後には、全世代まんべんなく利用しているという状況もありそうです。

借りる金額はどうでしょうか。こちらは1万円以上10万円未満が全体の57%と圧倒的です。次点の10万円以上50万円未満も26%、それ以上は全体の1割にも満たないと考えると、返せる範囲で小さく借りている方が多いようです。借りる目的も、娯楽や交際、生活費などが全体の4~5割(複数回答可として)ですから、ガッツリ借りるのではなく、少し足りない分を借りる…そんな用途が大多数という所ですね。

では、利用したい金融機関のローンは?といいますと、こちらは圧倒的に銀行系ローンが回答されています。(全体の81%!)やはり金利や信用の面で、圧倒的なメリットがありますからね。クレジットカードのローンは26%、消費者金融は全体の4.2%程度ですが利便性や使い慣れているから、という所が選ばれるポイントにもなり得るでしょうね。

様々なデータを見ていくと、どんな人がどうやって利用しているかを知ることができます。データを調べることで私足しはある程度安心することもできますし、金融機関側も様々なニーズに応えるべく、より良いサービスを設けてくれるでしょう。データから見える世界もあります。たまには目を向けてみるのも、悪くありませんね

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 即日キャッシングをお探しなら!※安定評価の業者はここだけ! All Rights Reserved.