キャッシングで車ローンが組めない時の方法

キャッシングベスト3

キャッシングしてたら車のローンが組めない?その際の対象法とは

私は現在中古で買った軽自動車を利用しているのですが、もう少し大きいハイブリッド車に乗り換えようと考えています。そのため車ローンを利用したいのですが、キャッシングしている私が車ローンを利用するのは難しいだろうと友人から言われました。

キャッシングローンを利用していたら車のローンが組めないのでしょうか。また、何かよい対策はないのでしょうか。

状況にもよりますが車ローンを組める可能性と対策はあります

キャッシングローンを利用している時に車ローンに申し込んで審査に落ちるというケースは少なからずあるようです。しかし、それはキャッシングの借入状況、利用者の信用状況、返済能力などに原因がありそれが影響して審査に落ちることもあるということです。そのため、キャッシングを単に利用しているだけで車ローンの審査に落ちることはなく、原因を改善していけば契約できる車ローンもみつけられる可能性はあります。

キャッシングローンを利用していると車ローンの審査に落ちる、落ちやすいなどという情報がインターネット上で時々見かけられます。自動車は高価な買物なので多額のお金を貸す側としては慎重な審査を行い適切な判定を下す必要があるでしょう。そのため、額にもよるでしょうが審査は厳しく行われても不思議ではなく、特に担保主義・保証人主義で事業運営をしてきた金融機関では特に厳しいかもしれません。

しかし、実際の審査では車ローンを含めた利用者全体の債務額と収入の関係で判断されることが多いようです。つまり、利用者の返済比率の状況が審査に大きく影響するとみられているのです。比率が30%を超えると審査に合格することが難しくなるという見方もあるので、もしあなたの比率が30%を超えるようならキャッシングローンでは借入額の返済、車ローンでは借入予定額の見直しが必要となるでしょう。

また、信用状況も車ローンの審査に大きく影響するので重要です。いくら返済できそうな状況でも他の債務での返済遅延や長期滞納などがあれば多額のお金を貸せるだけの信用がない人と判断されるでしょう。もしそのような心当たりがあるなら車ローンの担当者に早めに相談して審査への影響を確認しておいた方がいいでしょう。そして、今後の支払いでは決して遅延を起こさないことが求められます。

車ローンの選定も契約を実現する上では重要となるでしょう。確証はありませんが、ディーラー系のローンは比較的審査が緩いといわれています。この理由は、ディ-ラーが車の販売を目的にしているためディーラー自身が審査を厳しくすることが考えにくい点があります。審査の判定は信販会社などに委ねられていますが、少なくとも自社で必要以上に厳しくすることは少ないでしょう。

ディ-ラーの担当者は車の販売のため、何かと協力的なので車ローンの審査に関する情報提供も期待できるかもしれません。仮に審査に落ちたとしても、何が原因か、どう改善すればよいか、などに関するヒントは期待できるのではないでしょうか。そうした情報を基に改善や何らかの手段を講じれば比較的早く車ローンの利用が実現できるかもしれません。

キャッシングしてたら車のローンは利用できるか

キャッシングしてたらいろいろな不便があると考えている人は少なくありません。実際、借金をしているということで就職活動に影響が出たり、家族や恋人から不信感をもたれるなどの不安を感じている人は少なくありませんが、基本的にはキャッシング業者は個人情報を保護する義務がありますので、電話などで連絡をしたり郵便物を贈るときにも、業者名を名乗らずに担当者の個人名や部署名など、分かりにくい名称でコンタクトを取ります。

ただし、借入をしていることを公開するケースもあります。たとえば車のローンなど、新たに借入れの申し込みをするときには、申し込みを受け付けた業者は他社からの借り入れなどがないかを信用情報でチェックします。信用情報というのは、金融機関が共有しているデータベースのことで、ここには利用者の借り入れ状況や債務整理、滞納の有無などが記載されています。

キャッシングなどの融資については、総量規制といって利用者の年収の3分の一までしか借り入れをすることができない制限がありますが、車のローンなどの目的別ローンは基本的にはこの規制の対象外となっていますので、条件としては問題ありません。ただ、ローンの受付を行う業者によっては、他社からの借り入れがあることで審査に通りにくくなるというリスクはありますが、これはいくつかの業者に申込むことによって解決できることがあります。

気をつけなければならないのは、長期間の滞納や破産、任意整理などの債務整理を行っている経歴がある人です。これらの記録はブラックとして信用情報に5~7年近く記載されてしまいますので、数年間ローンを組むことができなくなります。この場合には家族がローンを組んだり、現金で支払いをするしかなくなりますが、約定どおりの返済を続けていて、きちんとローンの返済もできるめどが建っている人であれば、車のローンを必ず断られるということはありませんので、申込んでみましょう。

【参考ページはこちら】
車を買うためのキャッシングで必要なものって何?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 即日キャッシングをお探しなら!※安定評価の業者はここだけ! All Rights Reserved.