キャッシングの利用中に車ローンをくむ方法

キャッシングベスト3

キャッシングしてても車ローンくめる?くむ確率の高め方とは

私は先月販売開始となった某メーカーのワンボックスカーがとても気に入り購入しようと考えているですが、頭金程度の50万円ほどしか手元にありません。そのためカーローンを利用したいのですが、先日友人にそのことを話したらカードローン会社でキャッシングしているとカーローンの審査に落ちる可能性が大きいといわれました。キャッシングを利用しているとカーローンを組むことはできないのでしょうか。組むための方法は何かないのでしょうか。

車ローンの利用には審査の甘い会社の選定、信用力の改善が重要!

キャッシングの利用がカーローンの審査での合否に多少なりとも影響するものと推察できます。どの程度影響するかは各カーローンにより異なりますが、個別の対応を含め次のような対策が有効と考えられます。例えば、審査の緩いローンを選定する、同時期に3社以上の申請をしない、借入額を完済するか減額する、他の債務で返済遅延を起こさない、審査に落ちたら次の審査は時間をおいて申し込む、などの方法です。

カーローンの審査では銀行、信用金庫やJA農協などが厳しいといわれることがありますが、各ローンでバラツキもあると考えられるためどの機関も審査が難しいと考えるのは適切ではありません。しかし、販売店のディーラーローンは先ほどの機関より緩いとみなされています。その理由は、販売店は車を売ることが仕事であり、お金を貸すことは車販売の手段であるからです。

手段の部分の難度を上げて、本業の車の販売に影響がでるというのでは本末転倒であるため、臨機応変な対応を含め審査の難度は他のローンよりも緩いとみられているのです。また、金利が高いと審査が緩いという傾向があるとみられています。金利が高いと多くの利息を徴収することができ、それだけ大きなリスクを負担することができます。大きなリスクを負担できるということは審査を甘めにできると考えられるからです。

また、利用対象者に主婦、パートやアルバイトなどを含めている場合は、そのローンの審査は甘めであると推察されます。収入の少ない人を対象にするということはそれだけリスクを積極的に負担していくという姿勢をあらわしていると考えられるからです。
(⇒オートローンのキャッシングは誰でも組めるもの?

審査通過の確率を高めるためには、自身の信用力と収入力の向上が大きく影響するでしょう。キャッシングローンを利用しているなら、借入額をすべて返済するかできるだけ多く減額することが有効です。また、クレジットカードなどの債務でも返済の遅延を遅らせないようにすることが重要です。キャッシングの利用中に他の債務であっても信用事故を起こせば、カーローンの審査に大きく影響するものと考えられます。

さらに、同時期に多くのローンの申請は控えるべきです。例えば、3社立て続けに落ちるようなことがあれば、いわゆる申込ブラック化して、それ以降のローンの審査はより困難になることが予想されます。そのため、2社連続で落ちたなら半年ほどの期間をおいて新たなローンへの申請を考えるべきでしょう。もちろんローン会社によって判断は分かれますので、申し込む前に相談というかたちで確認するのがよいかもしれません。

このように申請時期を選び、審査の甘いローンを選び、そして、信用状況などを改善して審査に臨めば合格できる確率を高められるはずです。それらを実行しながら希望のカーローン先の担当者に相談して審査を有利に進められるようにしてほしいものですね。

既にキャッシングしてても車ローンくめる?

キャッシングというのは利用者が継続的な安定した収入を得ていれば誰でも利用できるようになっています。そのため、パートやアルバイトといった短期雇用者でも気軽に利用することができますが、現在では貸金業規制法により、利用者の年収の3分の一までしか借り入れができないという総量規制の制限があります。また、他社からの借入をしている人は合算して利用限度額を判断しますので、既に高額の融資を受けている人は審査の可否に関係なく、借り入れができないことがあります。

こうした情報を受けて、キャッシングしてても車ローンくめる?と心配する人も少なくありませんが、マイカーローンというのはキャッシングなどの借入とは異なりますので、単純に支払い能力に応じて審査が行われます。もちろん、既に借入をしているという条件は全く借金のない人と比べると不利になることは間違いありませんが、利用者の年収や勤続年数、勤務先、職業などを加味して、キャッシングの返済をしていても十分ローンが返していけると判断されたときにはきちんと融資を受けることができます。ちなみに、マイカーローンなどの目的別ローンは、総量規制の対象外となっていますので、既にキャッシングの利用が年収の3分の一になっている人でも借入をすることができます。

一方で、こういったローンを組むことができない事情としてよくあるのが、ブラック扱いになっている利用者です。これは、単に借入をしているという人ではなく、過去に長期的な滞納をしていたり、破産や債務整理といった借金の整理をしたことがある人のことで、支払う能力がないと判断されてしまいますので融資を受けることができません。一旦ブラック扱いになった人は、5~7年近くその履歴を信用情報に残されてしまいますので、その期間は家族などの名義でローンを組んでもらうか、現金のみで買物をすることになります。借り入れをするときのリスクとして覚えておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 即日キャッシングをお探しなら!※安定評価の業者はここだけ! All Rights Reserved.