キャッシングで損しないための比較ポイント

キャッシングベスト3

キャッシングローンの利用で損しないための比較ポイントは何か?

私は40歳の通信関係の会社に勤める会社員ですが、今までカードローンを利用したことがありません。キャッシングではクレジットカードを利用していたのですが、利用機会も増えてきたのでカードローンを組もうかと考えています。しかし、ローン会社が多くあり過ぎてどの会社を選べばよいか全く見当が付きません。キャッシングローンをどのように選べば損しないでしょうか。また、その際の比較ポイントは何でしょうか。

優先順位の高い項目を適切に比較するための条件合わせが必要です

キャッシングローンの選定で損しないためには自分の借入れニーズの優先順位の高い項目を整理して、その項目ごとに各ローン会社の商品内容を把握する必要があります。その際どの商品の項目が最も優れているかを捉えるために、できるだけ同じ条件でローンの各要素を比較することが必要です。
(⇒あなたにとってのオススメキャッシングはこちら!

よいキャッシング会社を選ぶにはローン内容を整理して借入条件や特徴をまとめることが重要です。例えば、金利、借入限度額、信頼度、審査の難度、融資までの期間、手続きや審査の早さ、利便性の高さ、などの項目でまとめます。しかし、これらの項目のすべてで最も優れたローンはほとんどなく、いくらかのばらつきがみられ判断に困るものです。

そのため、これらの項目の中から利用者の優先順位の高い項目に着目して評価することと、項目ごとを正しく比較・評価することが求められます。つまり、あるローンを選定して得するか損しないかという判断はその利用者の借入ニーズが元になるので、まずそれを明らかにしておくことが比較・評価する上で欠かせないポイントといえるでしょう。

例えば、金利では「50万円までの利用の場合に○%まで」、借入れの期日では「申し込んでから△日以内」というような借入れニーズを優先度の高い順に必要な項目分まで整理していきます。この際、少ないと適切な比較が出来なくなり、逆に多すぎると比較・分析に時間がかかり過ぎたりするので適当な数に抑えるのが重要です。

次は目星をつけたローンの要素ごとの比較です。この比較では各要素の条件合わせが重要で、もしその条件が大きく違えば適切な比較が出来なくなり評価しても無意味になるかもしれません。その条件合わせですが、例えば金利については単純な提示の金利ではなく、利用限度額という条件を合わせて比較することが求められるのです。

「利用限度額は50万円までとする」という条件を合わせると、1位はC社15%、2位はB社16%、3位D社17%、というように整理できます。そして、項目の「利用限度額の50万円まで」は利用者が最も利用する金額で設定することが求められ、「10万円から500万円」というような下限金額と上限金額で単純に比較してはなりません。

また、「借入れの期日」に関しての条件合わせでは、申し込んでからの借入可能な期日とするのか、審査の結果を得てからの期日にするかなどで整理しないと適切な比較ができないかもしれません。審査スピードの比較もその手続を開始してから審査結果が出るまでの時間にするのか、審査の質問、回答と結果だけの時間にするかで違いが生じます。

他にも返済期日、返済額、利用可能な提携ATMの種類と数、借入れの申込方法の種類、借入れの申込みから入金までの時間、などがあります。こうした項目についてどれだけ適切に条件を合わせて比較・評価できるかで最適なローンを選定できるかどうかが決まるので、多少時間もかかりますが損しないためには可能な限り取り組んでみる必要があるのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
即日キャッシングがオススメなケース

目的別に見るべきキャッシングの比較ポイント

キャッシングの比較ポイントは多くありますが少なくとも最近の大手ではそれぞれ一長一短といえます。それぞれメリット・デメリットが含まれているため個人の目的別に合わせて業者を選ぶべきです。最も簡単に比較できるポイントとして金利があげられます。同時に最も簡単な比較ポイントは融資元が消費者金融か銀行であるかという点です。一般的に銀行の場合金利が低く、消費者金融の場合き金利が高いものが多いです。

しかしだからといって銀行が消費者金融より勝っているというわけではなく、消費者金融には審査が簡単であったり、融資までの時間が短いことが長所としてあげられます。事故や病気など予期せぬ出来事や冠婚葬祭が連続して続いたりするとまとまったお金が一度に必要になることがありますが、こうした際には非常に大きなメリットになります。さらに忘れてはならない比較ポイントとして利便性があります。

多くの消費者金融が無人契約機を導入しており、誰にも会わずに契約機の指示に従って手続きをするだけですぐに融資が受けられるサービスは人気を博しています。ネットを通してどのようなサービスを利用できるかも重要な比較ポイントです。クレジットカードを使ったキャッシングも人気があり、様々な手続きを一括することができる点や新しくカードを作る必要がないことから通常のカードローンと比べて手間や時間がかかりません。

多くの人が比較するポイントとして安全性・信頼性があります。昔はヤミ金といわれる違法な消費者金融も非常に多かったですが今ではなりをひそめており、まず引っかかること自体が稀ですし、現在の法律ではたとえ引っかかったとしても簡単に払いすぎたお金等を返還してもらうことができるため必要以上にこだわる必要はありません。

とはいえやはり大手消費者金融を利用するのが安全とはいえますし、そちらで借りられる人はあえて小規模な消費者金融を利用する必要もありません。小規模な消費者金融は独自の審査基準を持っているところが多く、例えばブラックリストに掲載されているなどの理由から大手を利用できない人でも借りられる場合があります。
(⇒ブラックでも即日キャッシングできる金融機関はある?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 即日キャッシングをお探しなら!※安定評価の業者はここだけ! All Rights Reserved.