海外でのカードによるキャッシングは危険がないか、損はしないか

私は来月の後半に海外旅行を予定しているのですが、現地通貨は必要最低限所持してあとは必要に応じてクレジットカードでキャッシングしようかと考えています。しかし、そのことを友人に話してみたところカードの利用では危険なことや損することもあると助言してくれました。海外でのカードによるキャッシングには本当に危険なことや損することがあるのでしょうか。

現地の状況により海外キャッシングは危険も損もあり得ます

海外に滞在する場合、買物の支払いにクレジットカードがよく利用されますが、海外でのキャッシングの利用も増加しています。しかし、現地の状況により利用できるATMが少なかったり、引き出せる額が少なかったり、カードがATMに取り込まれたり、など上手く利用できないこともあります。また、カードのスキミングによる被害、少なくない利息負担や手数料など予想外のリスクや損が生じることもあるのです。

海外に旅行、出張、留学や転勤をする場合、いずれにおいても現地通貨のみで滞在すると不便なことや危険なことにあう可能性が高まります。そのためクレジットカードを持参して商品や食事代の支払いに利用するのですが、カードが利用できないお店もあるため一定の現地通貨の所持は欠かせません。しかし、あまり多く持ちすぎると盗難にあうリスクも高くなるので、カードでのキャッシングがとても有効になります。

そのクレジットカードによる海外でのキャッシングですが、現地の状況や使い方次第でリスクや損を被ることもあるのです。例えば、ATMの利用では世界の多くの国で利用できるカードも少なくないのですが、その現地の状況に大きな差があります。例えば、アメリカの同じ都市でもATMの種類により手数料が大きく違うこともあります。また、地域によれば実際に利用できるATMが少ないということも珍しくはないようです。

さらに、カードがATMから取り出せなくなるというようなトラブルが起こることもあり、治安の悪いところではカードのスキミング行為が行われるような犯罪にあうこともあります。こうしたリスクを回避するためには人目の少ない場所のATMを利用せず、提携カード会社の店舗、空港、大きな駅、ホテルや商業施設などを極力利用するのが賢明といえるでしょう。

また、カードによって違いがありますが一般的には一回で引き出せる額が少ないので長期に滞在するような場合は何回もキャッシングしなくてはならず手数料の負担が増加します。また、利息の面でも日本で現地通貨と交換しておいた方が得することもあるので、海外に出発する前にしっかり計算して確認しておく必要もあるでしょう。

また、海外でキャッシングした分は、どの時点の為替レートが適合されるのか、現地通貨と円の交換でどの程度の手数料がかかるのか、そして、カードの決済時期よりも繰り上げての返済ができるのか、といった点も併せて確認しておくべきです。

どのような場合はクレジットカードで決済するか、どの用途はキャッシングで対応するか、そして日本から持ち出す所持金もいくらにするか、などを決めておけばカードの的確な使い分けができるのではないでしょうか。

海外旅行では現金の持ち歩きは危険なのでキャッシングを活用

海外渡航する際によく問題になるのは、どこで現金を両替すればよいのかという事です。当然国内での両替は最もレートが悪く、次いで、現地のホテル、空港、銀行や市中の両替所となります。しかし、その逆に安全性は低下します。日本国内では不逞の輩は少ないですし、現地のホテルもグレードが高ければ高いほどそのような人は見かけなくなります。

しかし、一番レートの良い市中の両替所となると、現地の人間の目に触れる機会が増します。そのようなところで現地での滞在費をすべて両替してしまえば、この人は大金を持っているというのがすぐにわかってしまい、目をつけられてしまいます。そのような危険を避けるにはキャッシングを利用するのが一番です。

利用方法は、国内でクレジットカードを作成する際に、ショッピング機能だけではなく、クレジット機能も付帯させておくだけです。これを持って行き、ATMで操作してお金を下ろすだけです。利点は、レートを気にする必要がない、いつでもどこでも必要なときに必要な金額だけを引き出せばよい、手数料や利息は帰国後すぐに対応すればほんの少しで済むという点です。現金での両替ですと、現在のレートに手数料を上乗せして両替しなければなりませんが、キャッシングですと当日のレートでお金を引き出すことができます。

次に、これはATMを利用するわけですが、海外では日本以上にATMが充実しており、空港やホテル、駅はもちろん、街中の至る所に設置されています。もちろん大半が24時間稼動していますから、必要なときにはすぐに利用することができます。ATM利用料は国などによって若干異なりますが、1回当たり200円程度です。
(⇒三菱UFJニコスカードのキャッシング利用手数料は?

そして、キャッシングですから利息は発生しますが、帰国後すぐに返済すれば、たとえ1週間程度の滞在であっても、1000円程度で済みます。海外では自分の身の安全は自分で守らなければならないので、大金を持ち歩くことのないキャッシングが非常に便利で、利用者も増加しています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 即日キャッシングをお探しなら!※安定評価の業者はここだけ! All Rights Reserved.