キャッシングで破滅するような事がある?

キャッシングベスト3

キャッシングで破滅するような事があると思いますか?

お金に困って犯罪をしたりするニュースはよくテレビなどよく出ます。カードローンを利用しようかなと思っていますがお金にまつわるトラブルって、やはり多いですね。犯罪とまで行かなくてもキャッシングなんかで破滅していますような事があると思いますか?

病気と同じで手当てしなければどんどん悪くなるでしょうね

カードローンのキャッシングは結局は負債です。または債務と呼んでもいいですね。債務は返済の義務を課せられた法的制約です。それをきちんと果たしていればいいのですが果たせなくなると、いずれは法的な制約を受けたり社会的制裁を受ける事になりますが、どんなものにでも程度や限度があると思います。ある限界を超えると修復不能になりますね。それを放っておくと本当に悪くなります。そういう意味では借金は病気と似た部分があると思います。
(⇒キャッシング依存症ってどんな状態のこと?

総量規制という規制は、賃貸し業者に対してはお金を貸し過ぎないように規制し、個人に対しては借り過ぎないように規制する歯止めです。この規制の考え方は、個人の借金は年収の3分の1を超えと危険信号だという事ですね。だから危険信号が出ている時にちゃんと手を打てば元に戻るのに、それを放置しておくと状態はさらに悪くなります。例えば借金が複数あってもそれをまとめる為の借金は総量規制で規制されません。これは借りようとする人に有利になるからです。

それでも返済不能になった場合どうするのか中には苦し紛れにやってはいけない事をする方もいるでしょう。でも法律はちゃんと手を打てば保護してくれるようになっているんです。債務整理という方法があります。債務整理には、いくつか種類があって任意整理・民事再生・破産宣告などがあります。この中でも破産宣告をして免責ゼロになると財産の全てを失います。ところが、この破産宣告がとんでもない破滅なのかというと実はそうでもないんです。(こちらもご参考にどうぞ→キャッシングをする人は破滅する、と言われるのはなぜ?

財産のない人にとっては、それまでの借金は完全に無くなるのですからありがたい救済処置です。その時、破産して仕事をしている人の給料はどうなるのかと言うと、全て自分のものです。社会的制裁は受けます。資格制限のある職業につく事は出来ませんしローンは当然組めません。ところが資格制限の必要のない仕事はいくらでもあります。ローンを組まないで生活も当然可能です。メリットはちゃんとあるんです。

ですから個人の気持ち一つだと思いますな。何事につけても、その時その時で最良と思われる手を打てば改善するものです。だからキャッシングしていて多重債務に陥いる前に、手を打てば改善します。だから早めに手を打てばいいと思います。借金をまとめる。財産を整理して返済する。あるいは仕事を増やす。いよいよとなれな債務を整理する方法ですね。段階に応じて処方箋があるのです。犯罪は処方箋ではなく逃避ですから論外です。ちゃんと手当てをするのなら破滅しなくて済みますね。

【参考ページはこちら】
キャッシング依存症をやめさせるためにはどうすればいい?

破滅を招くキャッシングの使い方ってどういったもの?

キャッシングは上手に活用することが出来れば非常に便利な存在です。病気や怪我などで一時的に収入が減ってしまったというような場合には減った分の収入をカバーしてくれる存在になりますし、出費が重なってしまった場合であってもその出費をフォローしてくれるようになります。キャッシングが非常に便利な存在であるということは間違いないことなのですが、キャッシングはあくまでも「借金」であるということを忘れてはなりません。利用に慣れてこのことを忘れてしまうと、時としてその消費者は取り返しの付かない「破滅」の道をたどることにもなりかねないのです。

では、破滅を招くキャッシングの使い方とはどういったものなのでしょうか。この破滅の代表格となるのが「返済不能になる」ということです。いったん返済が出来なくなったとしても、それが初めてなのであればほとんどの場合は返済期間を延長してもらうことが出来ますから問題はありません。ですがそれが常習化してしまい延長してもらえなかった、もしくは延長してもらっても返済できなくなってしまったというような場合には「どうにかして対応するしかない」ということになるのです。

こうなってしまった場合、消費者が選ぶ道は「自己破産」や「債務整理」ということになってしまいます。中には他の業者からお金を借り入れて返済に充てるという「多重債務」で乗り切ろうとする人もいますが、そうした方法をとる人のほとんどは雪だるま式に増えていく借金の返済に追われてしまうこととなるでしょう。

また自己破産や債務整理をすればいいのかといえばそうではありません。こうした「法的手段で債務を帳消しにする」という行為は法で認められているわけですから違法行為ではありません。ですがこうした方法であろうとも、債務を帳消しにするということが「借金の契約違反」になることは変わらないのです。

貸したものを返してくれない友人にはもう何も貸したくないと思うのと同様に、債務を帳消しにした消費者に対してはその後数年にわたって、借金に関連する金融業者全体が取引停止の措置を取るようになってしまいます。そうなればキャッシングはもちろん、住宅や自動車のローンにも差支えが出てくることでしょう。うまく利用すれば非常に便利な存在ですが、利用するということは常にリスクを抱えているのだということを忘れてはならないのです。(こちらもご参考に→キャッシングをする時に注意しておきたいポイント

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 即日キャッシングをお探しなら!※安定評価の業者はここだけ! All Rights Reserved.