キャッシング怖いはもはや昔の話なんです

キャッシングベスト3

キャッシングって本当は怖いんじゃないですか?どうなんですか?

キャッシングを利用した経験の無い20代のOLです。でも会社の同僚や大学時代の友人の中にはキャッシングを利用している人は少なくないのです。でも自分は…。ハッキリ言ってキャッシングが怖いんです。

と言うのは、かつてサラ金地獄という言葉が巷で流布していたときの悲惨な状況を聞いていたからなんです。その元凶となったのが消費者金融のキャッシングであったと理解しています。そのネガティブなイメージがどうしても強くて、迂闊にキャッシングしてお金を借りたら酷い目に遭うんじゃないかと考えてしまうんですよ。また、キャッシングすると返済の取り立ても怖いんでしょう?

キャッシングが怖いのはもはや過去の話です

結論から先に云えば、「キャッシングが怖い…」は、もはや過去の話と言ってよいのです。あなたが言うように、確かにサラ金地獄という言葉が巷で流布していた頃は、キャッシングはある意味で怖い存在であったと言えます。

その当時のキャッシングの怖さの原因となったのは、グレーゾーン金利と言われていた高金利で、半ば無原則に消費者金融が借りたいお客にどんどん貸していたことにあったと言えるのです。つまり、「借りたければいくらでも貸してくれた…」ゆえの怖さであったと言えますね。しかも金利は現在の金利とは比べものにならないほどの高金利であったのです。そのことから巷には返済不能に陥ってしまった多重債務者が溢れてしまったのです。

そして、そのような返済不履行に陥ってしまった債務者から脅しを交えた消費者金融の強引な取り立て騒ぎがサラ金地獄の怖さに拍車をかけることになったのです。その一方で、消費者金融やキャッシングという行為が、サラ金地獄の象徴のように扱われてきたマイナスイメージから着々と脱却を図っていることも事実なのです。

そして、平成22年の貸金業法の改正と総量規制の導入によって、消費者金融とキャッシングが極めて健全な存在となってきたのです。金利については、利息制限法によって金利の上限が厳しく制限され、かつての高金利を謳歌したグレーゾーン金利は一掃されることになりました。

また、総量規制の導入によって消費者金融では収入の3分の1までしかキャッシングできなくなったのです。さらに消費者金融側でも自主規制やコンプライアンスの遵守が強く働くようになったことで、無茶な融資に歯止めをかけて健全なイメージ作りに着々と成功していると言ってよいのです。

そして、そのような健全化へ着実に歩み続けている消費者金融が提供するキャッシングには、かつてのような怖さは微塵も無くなったと言ってよいのです。取り立てについても、かつてのヤクザまがいの強引な取り立ては法律で禁止されることになったので、その点でも怖さは過去の話となります。

他方で、「キャッシングの怖さ」というものは、完全には消え去っていないとも言えるのです。そして、その怖さの元凶は、キャッシングする利用者側にもっぱら帰することができると言ってよいのです。

今日のキャッシングは、インターネットの利用によって、以前にも増して手軽に簡単に借りられるようになったと言えます。(こちらもご参考に→今ではスマホでキャッシングもできるように)そして、その借り易さゆえに、恰も自分の財布と勘違いして無計画に借りてしまうことが今日のキャッシングにおける“怖さ”と言ってよいのです。そのことから今日のキャッシングの怖さとは、借手自身の金銭感覚のルーズさ、無計画な借金といったものであって、きちんと自分自身で節度をもってコントロールしてキャッシングすれば、怖がる必要は何もないのです。

キャッシングが怖いと思ったら調べてみよう

キャッシングが怖いと思う人は、ドラマや映画等で借金取りが描かれていたり、借金によって破滅していく人物が描かれているものを見てしまった人に多いです。これは至極当然な事であり、借金とは無縁だった人にとっては借金は恐ろしい物として認識されます。

しかし、こういったものと現実は大きくかけ離れています。まず、借金取りに関してですが、自宅に伺う事は許されていますが、暴力を振るう事は許されていません。また、ドアに貼紙をしたり債務者を侮辱するような行為は一切禁止されています。もし、そういった事をされた場合は訴訟を起す事が可能であるので、証拠となる貼紙等を保管しておく事が大切です。こういった取立てをするのは、元々法律違反の上で貸金業を営んでいるヤミ金と呼ばれる業者です。
(⇒悪質なヤミ金業者を見分ける方法とは

このヤミ金の金利は法定金利を大きく越えており、一ヶ月10万円借りただけで既に返済出来る訳が無い金額にまで膨らみます。なにがあっても絶対に利用してはいけません。銀行や消費者金融に関してはこの様な取立てはありませんし、金利も法定の範囲内で定められています。

しかし、そういった法律に基づいて業務を遂行しているということは、法的手段も取れるという事です。借金を滞納し続けた場合においては財産の差し押さえも有り得ます。これは行政執行であるので止める手立てはありません。こういった状況になる場合は希であり、相当悪質な利用者にしか執行されません。借金を滞納しそうになればまず電話をします。そうすれば返済の意思が認められて金利を少しでも下げてくれる事もあります。

まずは相談をして、今後の現実的な返済計画を一緒に立てる事が大切です。金利が付くのはどの様な金融機関を利用しても当たり前な事ですが、返済期間を延ばせば延ばす程に返済額が膨れ上がっていきます。法定の範囲内の金利であっても、何十年にも及んで借金をし続ければかなりの金利になってしまうので、出来るだけ早期に返済する事が大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 即日キャッシングをお探しなら!※安定評価の業者はここだけ! All Rights Reserved.