キャッシング依存性はどんな状態のこと?直す方法はあるのか

私の夫は随分前からカードローンを利用していて、キャッシングしては返済するという繰り返しをしています。最近その状態がひどくなり、どうも返済が遅れだしているようです。主人はいわゆるキャッシング依存性なのでしょうか、どうしたら直すことができるのでしょうか。

意識改革が必要!影響力のある人からの注意喚起が最適です

カードローンを組んでキャッシングを始めるとその便利からついつい利用が増えるものですが、これに歯止めがかからないとキャッシング依存性というような状態に陥ってしまいます。借りては返すという繰り返しから借りるほうが主体になり返済が困難などうしようもない状態になることも少なくありません。このキャッシング依存性から脱却するためには影響力のある人から助言や叱責を受け、借入れに関する意識改革を行う必要があります。

キャッシング依存性という言葉には明確な定義はないと思いますが、返済のことをあまり気にせずなんでもかんでもカードローンからキャッシングして済ませるという状態になっていることと思われます。その症状にある人は飲食でも買物でも手持ちの現金が足りなければ直ぐにATMから現金を引出して使えるので、キャッシングを現代の打ち出の小槌のように思っているのでしょう。

しかし、どんな人でも現実にキャッシングすれば返済する義務が発生します。借入金額は少ないうちは返済も問題ないでしょうが、キャッシング依存性といわれるような状態になっていれば借入金額はどんどん膨れ上がり、利息が利息を生むという最悪の状態に突き進むことも少なくないでしょう。このようになってくるともはや返済が困難になり自己破産などに至ることもあるかもしれません。

自己破産が認められればそれまでの借金から解放されるかもしれませんが、その後の社会的な信用が大きく損なわれ単に借入れができなくなるというだけではなく就職などで不利な扱いを受ける可能性もあります。そのため、自己破産などの状況に陥る前にキャッシング依存性から脱却しなければならないのです。

脱却するためには本人の意識改革が必要です。キャッシング依存性はキャッシングそのものに快楽を覚えるよう性向があるので、意識を根本的に変えないと治る可能性は低いでしょう。家族や友人が「頼むからキャッシングを控えてほしい」という程度の懇願をしても効果は低いと考えられます。人は欲望の前ではあまりにも弱い面があるのでよほどの危機意識などを感じないと変わることは難しいでしょう。
(⇒キャッシング依存症とギャンブル依存症には関係がある?

そのため、ご主人が最も恐れている人や尊敬している人などからキャッシングの危険性についてしっかり諭したり、叱ったりしてもらうことが必要と考えられます。ご主人の現在の借入状況がどうなっていて、それをこのまま続けていくとどのような状態になるかを数字で示し、自己破産などに追いやられる可能性について示すことも重要です。そして、自己破産になった場合のご主人や家族への影響がどのようになるかなどを示すのです。

そうした具体的な危険性や危機の状態を認識させて影響力のある人などから叱責してもらえば、多少は意識が変わるのではないでしょうか。もちろん、ご主人の性格などにもよりますが、家族や友人などの話を聞かないのであれば、こうした方法も検討する必要はあるでしょう。

ただし、叱責されて逆切れされるようなタイプの方には逆効果となることもあるので注意が必要です。そのような場合にはメンタルヘルスでの専門的なケアが必要になることもあるので専門家に相談してみましょう。

キャッシング依存性の特徴と総量規制について

キャッシングに依存してしまう事を、キャッシング依存性と言います。お金を借りていないと安心できないと言う一つの心の病気でもあるわけですが、依存症になることで起きるリスクは返済の遅延が挙げられます。遅延も繰り返していくことで、滞納を起こすことになってしまったり、最悪の場合は自己破産をしなければならなくなると言ったケースも出てくるのです。

キャッシングを利用する場合は返済計画をきちんと立てる事が重要なのですが、キャッシング依存症になってしまうと、お金を借りている感覚が薄れてしまい、返済が滞ってしまうケースも多く有ります。

カードローンなどの場合では、審査によって利用限度額が定められて、利用限度額の範囲の中で繰り返し何度でもお金を使えるようになるので、キャッシング依存症になりやすくなります。また、カードローンの返済は月々均等払いで行っている場合では、均等での返済となりますので、お金を借りている感覚が薄れてしまい、気が付くと膨大な借金を抱えてしまうと言うケースも在るのです。

依存症が酷くなることで、多重債務になりやすくなります。キャッシングをしていくことで返済が追い付かなくなり、借金は膨らんでしまうことになります。返済が出来なくなった場合、他の消費者金融から借金をし、その借金を利用して最初に借りていた会社の返済に充当していくのです。これを繰り返すことで債務が多重になり、やがて多重債務になると言うからくりです。

現在の消費者金融は年収の3分の1を超える貸し付けを行う事が禁じられています。これは総量規制と呼ばれる規制により制限が設けられていますので、それほど多くの借金になることはないのです。しかしながら、怖いのは消費者金融などからの借入れが出来ない場合、キャッシング依存症が酷くなることでヤミ金融からの借金をしてしまう事です。これらの事からも、依存症が強くなることで様々なリスクを呼びますので、依存症であると気が付いた場合は早めの対策が必要になるのです。(こちらもご参考にどうぞ→キャッシング利用が破滅を呼ぶことなんてあるの?

【参考ページはこちら】
キャッシングってホントは怖いものなの?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 即日キャッシングをお探しなら!※安定評価の業者はここだけ! All Rights Reserved.