キャッシング地獄ってどんな風にしたらなるのか理解できません

返せなくなるほどキャッシングをして、返済地獄になる人がいるみたいですけど、何をどうやったらそこまで困ることになるのか理解ができません。そこまでキャッシングをしなければいけない人って、どんな理由でお金が必要だったんでしょうか。

買い物、アルコール、ギャンブルなど浪費が代表的ですね

普通に生活して、お給料の範囲内で計画的に支出をしている方にとっては、キャッシングも便利に必要最低限の利用をされているでしょうし、利用者の多くはそういう方々なんですよ。しかし、病的なお金の使い方をしてしまう人もいるのは本当のことです。

病的なお金の使い方で代表されるのが、「○○依存症」というもの。「○○」には買い物、アルコール、ギャンブル、風俗など、実に様々な言葉が入ります。そして、一歩間違えば誰でもなりかねない、恐ろしい病気でもあるんです。ただの無計画とか、どんぶり勘定という問題では済まされない、精神的な病気でもあるんですよ。(こちらもご参考に→キャッシング依存症とギャンブル依存症にはどんな関係が?

その他にも、友人の保証人になって、その友人が行方不明になったため、返済の為に自分が借金をせざるを得なくなったとか、事業の赤字を補填するために、してはいけない事業目的で個人向けキャッシングを利用してしまったとか、会社を辞めて次の職場が見つからずにキャッシングで生活していて行き詰ったとか、いくらでもキャッシング地獄に陥る理由はあるんです。

キャッシングは急な出費などで困ったときには非常に役立つ便利な仕組みでありサービスです。しかし、使い方を間違えるととんでもない地獄が待っていることも事実。それは貸し手ではなく、我々借り手の方に問題があるわけですから、そうならないためにも計画的な利用を心がけなければいけませんね。

キャッシング地獄とそういった事態に陥らない為に

キャッシング地獄は書いてそのままの意味であり、キャッシングを繰り返して増えた借金を返済出来なくなる状態の事を指します。キャッシングは現代風な名称が付いていますが、紛れもない借金の事です。そもそもキャッシング地獄になる理由としては、その金利の高さにあります。

年利18%である場合がほとんどであり、これは法律で定められた上限金利の限界となっています。つまり、これ以上の金利をかければ利用者が計画を立てて返済する事が不可能になると判断された数値です。しかし、上限の範囲内であるので良識ある利用者であれば確実に返済する事が出来ます。しかし、計画も立てずに借金を繰り返しているような利用者であれば、確実にキャッシング地獄に陥るような金利となっています。

キャッシングはクレジットカードを持っていれば付与されている機能であるので、誰もが利用する事ができます。クレジットカードは後払いシステムであるので、一時的な借金をしているようなものですが、毎月確実に使った金額が引き落としされます。その便利さからお金に対する感覚が鈍くなってしまい、付与されているキャッシング機能を使用してしまう事になります。

競馬で負けてしまった時は悔しくて、なんとしても次のレースは勝つと意気込む事になります。そういった時に手元にお金が無い場合にキャッシングを利用してしまいます。そして次のレースも負けてしまい、更にキャッシングを重ねて負けた分を取り戻そうとします。そもそもキャッシングをする時に計画を立てられないような人が、計算や見極めが大切な競馬で勝つ事は不可能であるので、この時点でキャッシング地獄に陥る事は確定しています。

こういった事態に陥らないようにするには、キャッシング機能を10万円に抑えておく事が大切です。10万円であれば限度額まで使用したとしても、すぐに返済する事が可能な金額であり、計画性が多少無い様な人物であっても返済の見込みがあります。

【参考ページはこちら】
キャッシングをする時に注意しておきたいポイントとは

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 即日キャッシングをお探しなら!※安定評価の業者はここだけ! All Rights Reserved.