キャッシングがやめれない彼氏をどうにかできないでしょうか…

23歳の会社員を彼氏に持つ、21歳女子大生なんですけど、彼氏のキャッシング癖をなんとかできないか相談にのって欲しいんです。彼は高校卒で就職したため、勤務歴が長くて、キャッシングの目的も会社の後輩におごったり、車のアクセサリーを買ったり、パチスロに使ったり…。

正直まともな使い方はしていないんです。なので、キャッシングをやめれない彼に、せめて本当に必要なときだけ使うようにしてもらうにはどうしたらいいか、いつも考えています。何か良いアイディアはないでしょうか?よろしくお願いします。

一度困ってみるか、困るよう体験をさせるというのはどうでしょう

オゴリ癖に車好きにパチスロですか…。確かに健全なキャッシングの利用とは言い難いものがありますね。特に最初と最後は。キャッシングに余裕がある(まだ借りれる)という発想でお金を使うようになると、「自分のお金と借金の区別」がつかなくなっている状態です。言い換えれば、お金に対する危機管理が出来ていない、酷くなるとキャッシング依存になってしまいます。

キャッシングは本来、必要最小限の目的で、ちゃんと返済できるだけの計画を立てて利用するものです。スロットで勝てば運が良かったねで済みますが、負けたら自分の収入プラス借金もドン!ですから大変なことになります。後輩におごるというのはせいぜい月に1回か2回の飲み会で、数千円~1万円前後ってところでしょうか。それなら可愛い方ですが、何人分ものお勘定を「俺に任せろ」とおごっているのであれば大問題ですね。

それらをやめさせる方法は、一度困ってもらうのが一番の特効薬です。痛い目に遭って初めて、キャッシングの間違った使い方、自分のお金ではないということを理解するでしょう。でも、そうなってからでは遅いので、困ったときにどうするかを真剣に考えてもらうように仕向けてみるのもいいのではないでしょうか。

「私もあなたみたいにキャッシングでピアスとかバッグとか買おうかな~」とか「友達と海外旅行にキャッシングで行こうかな~」とか「私もキャッシングを元金にしてパチスロやったら勝てるかな?あなた勝ってるんでしょ?」とか、彼氏さんに「そんなことしたらダメ」と言わせるようなセリフをいくつか問いかけてみるというのはどうですか?

そこで、「キャッシングって便利だぜ。どんどん借りて好きに使えば?」なんて言うようなら、別れた方がいいかもしれません。お金の問題は一生ついて回る大問題ですからね。
(⇒キャッシングの延滞による人生への悪影響は?

【参考ページはこちら】
キャッシングで破滅するようなことなんてあるの?

キャッシングやめれないのを断ち切るためには

キャッシングはお金を融資してくれるものであり、正しく使えば有効にお金を利用することができます。しかし、その一方で長く利用していると恐ろしいのが「慣れ」です。クレジットカードで金銭感覚がなしに気づけば大量に利用していたという事例がある通りにキャッシングも長く使っていると、お金を借りるという感覚が薄れてきて、トラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。そして何よりそうして利用することでキャッシングやめれないという状況に陥ってしまうこともあるのです。
(⇒キャッシングって本当は怖いものなの?

特にまだ1つの会社を利用しているのならよいのですが、それが複数になれば管理のし難さもあって危険度が跳ね上がります。キャッシングやめれない状態になると、借りなくてもいいお金を借りてしまう可能性も高くなります。そうした癖が出てくると破滅の入り口になりかねないので、どうにかしてそのキャッシング依存を断ち切る必要があります。

では実際にこうしたキャッシングやめれない状態を断ち切るためにはどのようにしたらよいでしょうか。とにかく一旦契約を全て解除してキャッシングから遠ざかるのが一番ですが、それが出来たら苦労はしません。大抵そうした方は精神的に問題が生じているということもあります、なので出来るのならそうした精神的なカウンセリングを受けられるところに行った方がいいでしょう。

家族の方がいる場合には家族の方がしっかり見て何とか改善するように行動する必要もありますが、やりようによっては逆効果になる可能性もあります。そうした場合にも家族は家族で病院の方等と相談をして、いい解決方法を聞いておけば改善へと向かわせることができるでしょう。またそうしたキャッシングというより借金依存をするのは、何かしら家庭に問題が起きているということもあるので、その問題を解決させる努力をするのも大切です。家庭が崩壊してからでは遅いので、その予兆が出てきたら、出来るだけ早めに対策をとるようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 即日キャッシングをお探しなら!※安定評価の業者はここだけ! All Rights Reserved.