キャッシングをする人は人生が破滅すると言われるのは何故ですか

人生勉強のために教えて欲しいことがあるんですけど、キャッシングをする人は人生が破滅するという話を聞いたことがあるんです。でも、日本中で多くの人がキャッシングを利用しているんだろうし、かならずしも人生が破滅するなんてことはないんじゃないかなぁ…とも思うんです。

実際、キャッシングを利用することで人生が破滅に向かうなんていうのは、よくある話なんでしょうか?それとも、ごく一部の極端な話が盛られて語られている話なんでしょうか?

使い方を間違えれば大事ですが、破滅は言いすぎかもしれません

なんとも極端な話ですね(笑)。昔はよくキャッシングは人生をダメにするとか、家庭崩壊の原因になるとか言われていましたけど、今は昔に比べたら少なくなっていると思いますよ。

そもそも、昔は金利が異常でした。今の最高金利は正規のキャッシング業者なら20%(金額に応じて下がっていきますが)です。しかし、ほんの数年前までは最高金利29.2%という大変高利なキャッシングローンが主流でした。そのため利息だけの支払いで元本が減らないという利用者が多く、しかも「総量規制」という貸付の制限もなかった時代なので、後から後から借りまくっては返済という雪だるま式の利用も多かったんです。

それが原因で最終的に支払い不能になり、社会問題になったのはご存知でしょうか。「これはいかん」ということで、金利の見直し、貸付限度の設定などが今の法律で決まられるようになったんです。そのため、過去よりはキャッシングは危険という物ではなくなってきていると考えられます。

もし、返済不能になってしまったとしても、自己破産や債務整理で生計を立て直すチャンスは残されていますから、キャッシングが人生の破滅というのは言いすぎかな、とも思います。確かにやってはいけないことですが、それでも過去を教訓にして、再スタートを切る仕組みがある以上は、その再生の道を真面目に歩けばいいのではないでしょうか。

と、今の法律でキャッシングに歯止めが効いている話をしましたが、なぜか昔の金利に戻そうという動きが出ているそうです。どこの政党がなんて無粋な話はしませんが、そういう動きがあることも知っておくといいですよ。

キャッシングは破滅するかという疑問の回答

多重債務を抱えて破産するような人もいるため、キャッシングは破滅するかという疑問があります。これについて、キャッシングは適切に利用することができれば安全なものですが、使い方を間違えれば破滅の危険性はあります。

まず、最初に気を付ける点として闇金融を利用したキャッシングは避けるべきです。闇金融は無許可で運営しており、法外な金利で貸し付けを行うため、返済に行き詰る危険性が非常に高くなります。法律的にはこのような貸し付けは無効となり、元金を含めて返済する必要はありません。しかし、違法な貸し付けであっても民事不介入により警察もなかなか動いてくれず、解決には弁護士に依頼するなどの労力を必要とします。

正規の業者を利用する場合、返済方法に注意します。一括払いで返済するのであれば問題ありませんが、リボルビング払いは扱いを間違えるといつまでも返済が終わらず、総額では多額の利息と手数料を支払うことになります。リボルビング払いで設定されている月々の返済額は最低金額であるため、繰り上げ返済を利用して元金を積極的に減らすことでこの危険性を回避できます。

必要のない借り入れをしてしまわないように注意します。キャッシングでは契約してしまえば限度額までは自由に借り入れが行えます。これによって気楽に借り入れをしてしまうことで返済が困難になるケースがあります。特に、ギャンブルで負けた資金の穴埋めとして利用し、借り入れが膨らんでしまうことがあります。

また、利用限度額を引き上げすぎないようにします。限度額の引き上げには審査が必要なため、簡単には引き上げできませんが、限度額に余裕があるとつい借りすぎてしまうことがあります。しかし、限度額の余裕があっても、自分が安全に返済できるとは限りません。そのため、限度額は自分が安全に返済できる金額までに留めておくと良いです。これらの点に注意して利用することで、キャッシングにより破滅する危険性を低くすることができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 即日キャッシングをお探しなら!※安定評価の業者はここだけ! All Rights Reserved.