ブラックにならないためのキャッシング方法

キャッシングベスト3

ブラックにならないための賢いキャッシング方法とは何か?

私は現在キャッシングローンを利用しているのですが、支払いで少し遅れたことがあります。あまりうまく利用できていないのでこのままでは金融ブラックになってしまいそうで心配です。できれば利用限度額も増額させてもっと上手にキャッシングをしたいのですがよくわかりません。ブラックにならずに正しく賢いキャッシング方法を身につけるにはどうしらよいのでしょうか。

信用事故を起こさないスマートなキャッシング方法を身に着けます

金融ブラックにならず損しないキャッシングを行うためにはキャッシングの目的や内容を理解する必要があります。そして、その上で実行可能な上手なキャッシング方法を把握し身に着ける必要があります。そのためには、まずキャッシングの仕組みを理解する、信用事故の内容をよく理解する、信用事故を起こさないための方法を理解し実行する、得する方法或いは損しない方法を実行する、などの対策が必要となります。
(⇒キャッシングで注意しておきたいポイント5つ

キャッシングローンは必要な時に利用限度額の範囲内でお金が借りられるので本当に便利な商品である一方、金利が18%ほどもかかることもあり決して少なくない利息の負担がある危険な商品であることも事実です。キャッシングを繰り返していると便利さだけが頭に残り、返済のリスクについては忘れがちになるのが怖いところといえるでしょう。

このことから、キャッシングの利用にあたっては返済を重視した利用計画をもつことが重要です。例えば、15万円キャッシングしたらそれをいつまでに返済するのか、毎月いくら返済するのか、繰上返済するのかしないのか、自動引き落としにするのかしないのか、という返済計画をたてます。そして、その返済が終わるまで新たなキャッシングを控える、というようなルール設定が重要です。

さらに、返済意識を持つためには信用事故の理解が重要です。信用事故とはクレジットカードやキャッシングローンの支払いでの遅延や滞納、自己破産などの法的整理などが該当します。こうした事故はそれに関系した金融機関などから信用情報機関に報告され、その情報は5~7年ほど記録が残ります。そして、そのように記録が残っている人が金融ブラックとして扱われることがあるのです。

つまり、ブラックの人は信用事故を起こした人、信用事故を起こす人はまた起こす可能性が高いと思われるので貸手は貸しにくくなる、そして、ブラックにはお金をかせなくなる、ということが業界では常識になっています。そのため、ブラックになることを極力回避せねばならないのです。回避の方法は先ほどの返済計画をしっかり立て実行することなので、それ以外のことは特に必要ありません。

あとは損しない方法や得する方法を身につけることです。ローンを利用すれば利息やATMの利用手数料というコストを負担することになりますが、これを最大限低く抑えて必要な金額をキャッシングできるかが上手な利用か下手な利用かに分かれます。上手な利用を行うには最も有利なローンを選択する必要がありますが、そのためにはローンの内容や特徴を勉強しておく必要があります。

どれだけ金利が低いのか、初利用者限定の無利息サービスなどがあるのか、ATM手数料はすべて無料か一部での負担はあるのか、借入れの口座への振込手数料あるのかないのか、などを調べておき最も有利なローンを選択できるようにしておく必要があります。こうしたキャッシングローンのリスクの面やコストの面を正確に把握して利用していけばリスクを抑えた賢い利用ができるのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
キャッシングに関するお得な情報をチェック!

ブラックの状態とキャッシング方法について

キャッシングはお金を借りる事であり、お金を貸す側は、キャッシングを利用した人がきちんと利息を併せて返済を行ってくれるかと言った審査を行い、問題が無いと判断された場合は貸付けを行います。また、キャッシングの利用者がどのような人であるのかと言う事も審査の対象となるのが特徴で、銀行などの場合は勤続年数などの情報も加味して審査を行うのが特徴です。

キャッシング方法は、インターネットなどを利用して申込みする事で審査の受付となり、審査に通れば利用開始と言う形になります。キャッシングの審査では、個人信用情報を照会し、申込者の信頼性などを確認して行われます。運転免許証などの本人確認用書類を提出するのは、申込者と同一人物であるかどうかを確認すると同時に、個人信用情報の照会を行う目的で利用が行われているのです。

個人信用情報には、氏名を初め性別、生年月日、住所、電話番号、勤務先の情報などが記載されています。また、他のローンの利用情報やクレジットカードの借入状況、キャッシングの借入金額や借入期間、最終返済日数、返済状況なども記録が残されているのです。

仮に、他社借入が有っても、その借入れに対する返済をきちんと行っていれば問題は有りませんが、遅延をしている場合などでは審査の中では不利になります。また、個人信用情報の中に、ブラックの状態になる延滞、自己破産と言った記録が有る場合は、審査に通ることはなく、キャッシングの利用は出来ません。ブラックリストに掲載されると、融資を受ける事が出来ない、クレジットカードも作れないと言われているのですが、ブラックリストは個人信用情報の中に、延滞や自己破産と言った金融の事故にあたる情報が記録されている事を意味しているのです。

ブラックの状態では審査に通りませんが、延滞や自己破産の記録は永遠に残されるのではなく、一定の期間が過ぎる事で情報自体は消滅し、過去に金融の事故をしていた場合でも情報が無くなることで申込みが可能になるのです。そのため、ブラックの状態でのキャッシング方法と言うのは、情報が消えるのを待つと言う事になります。
(⇒ブラックでもキャッシングで借り入れできる方法とは

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 即日キャッシングをお探しなら!※安定評価の業者はここだけ! All Rights Reserved.