キャッシングでは原則本人確認の書類のみ

キャッシングベスト3

教えて!キャッシングに必要なものについて

今度人生初のキャッシングに挑戦しようと考えている新卒の新人社員の男性です。キャッシングする理由は、会社の先輩に今度ゴルフに誘われたからです。自分でも前々からゴルフをしてみたかったので、ちょうどよい機会なのでゴルフを本格的に始めようと決めたのです。そこでゴルフ道具一式を購入するためのお金をキャッシングで借りたいと言う訳なのです。でもキャッシングは初めてなので右も左も分かりません。そこでキャッシングに必要なものについて教えていただきたいのです。よろしくお願いします。

キャッシングに必要なものは簡単です!

そうなのですか…人生初のキャッシングに挑戦すると言うことなのですね。わかりました。そんなあなたを応援するためにご質問に答えましょうね。

キャッシングに必要なものは、すごく簡単なんです。漏れなく必要事項に記入した申込書と本人確認ができる運転免許証か健康保険証、あるいはパスポートのコピーだけで原則OKなんです。加えて、収入を証明できる給与明細書、源泉徴収票、あるいは確定申告のコピーの提出が場合によって必要になるだけなのです。他にキャッシングに必要となる書類は原則不要なのです。

が、キャッシング先によっては住民票等の書類が必要になる場合もあります。とまれ、特別手間のかかるようなものを用意する必要はありません。簡単なんです。

他方、条件によってさらに必要となる書類があります。たとえば、本人確認の書類に記載された住所と現在住んでいる住所が異なる場合には、現在の住まいの住所が確認できる納税証明書、公共料金の領収書あるいは請求書、住民票の写し等のどれかが必要で、発行日から6か月以内のものが必要になります。

以上がキャッシングに必要なものとなります。加えて、キャッシングに必要な物質的な“もの”ではありませんが、必要なものとしてキャッシングする心構えというものも大切で必要なものと言えるのです。

具体的に言えば、まず借りる前にきちんとした返済計画を立てておくこと、悪質で違法な金融会社から借りないための借入先の基本情報や金利等の融資条件をしっかり確認すると言ったことです。この点について言えば、銀行や知名度の高い大手消費者金融を選んでキャッシングすれば安全ですし、その中から一番金利等の自分の借り入れ条件に見合うところを選べば失敗はないでしょう。

さらに、キャッシングの申込書には絶対に嘘を書かないことです。多少年収を水増しして記入したり、勤続年数を長めに書く等の嘘は絶対に禁止です。また、現在の借り入れ件数等の嘘もダメです。なぜなら、そのような嘘は必ずバレますし、嘘がバレたらキャッシングできないことになるからです。そして、本当に必要な分だけのお金を借りて余分に借りないことです。なぜなら、借りたお金には利息が付くので、必要のない余分なお金を借りると余分な利息を払わなければならないからです。

そして、最後に「本当にキャッシングする必要があるのか?…」ということを実際にキャッシングする前にもう一度自問自答して確認することもキャッシングに必要なものなんです!
(⇒どんな風に利用したらキャッシング地獄になるの?

【参考ページはこちら】
キャッシングをする時に注意しておきたいポイントをチェック

キャッシングに必要なものを正確に教えて!

初めてキャッシングの申し込みを行うとき、キャッシングに必要なものは何か分かりにくい部分があります。キャッシング各社の情報を見ましても、必要なものが記載されている内容が異なるので、これが分かりにくい原因だと言えます。キャッシングに必要なものをこれから正確に紹介するのでしっかりと覚えておくと良いです。

最初に覚えておきたいことはキャッシング会社へ申し込む前に必ず申込先の申込条件というのを確認しておく必要があります。この申込条件はすべて満たしておかなければ申し込んでも不合格になります。申込条件には申込対象者となる内容が色々と書かれており、その内容は会社によって多少違いがあります。年齢制限などをしっかりとチェックしましょう。

申込条件をクリアできているなら次に申込時に必要となる書類を見ます。この必要書類とは身分証明と収入証明の2点だけなのでしっかりと覚えておくと良いです。身分証明や収入証明でどのような書類が必要なのかは、各社によって記載されている内容が異なります。しかし、どの会社へ申し込むにしても身分証明も収入証明も自分が用意できる書類を利用できるので、これはしっかりと覚えておきたい知識です。例えば、申込条件に運転免許証が必須と記載されていても、実際はパスポートでも構いません。

身分証明で使える書類は運転免許証やパスポート、または保険証などでも構いません。自分の名前や住所を確認できればOKです。どうしても身分証明がないという人は公共料金の領収書を用意しておくと申し込めます。

収入証明で使える書類は給与明細や源泉徴収です。基本的に正社員でもアルバイトでも雇用されている人なら何かの収入証明を用意できます。個人事業や無職の人などは確定申告書を利用すると良いです。(こちらもご参考に→無職や年金受給者もキャッシングできるの?

最後に必要書類の収入証明書はキャッシング会社によっては不要で申し込めることがあります。簡単に申し込みを済ませたいときは覚えておくと便利です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 即日キャッシングをお探しなら!※安定評価の業者はここだけ! All Rights Reserved.