複数の銀行系キャッシング掛け持ちできるのか教えてください

いま、あるところの銀行系カードローンを利用しています。利用限度額は30万円です。増額しようか、それとも別の銀行系カードローンに申し込んでみようかと迷っています。そもそも複数の銀行系キャッシングを利用できるものでしょうか?

増枠を申し込むが正攻法だし他社はせいぜい1社にしておきたい

銀行系カードローンの特徴は、貸金業に対する規制である総量規制の対象外となっていること。そのために高い利用限度額が設定されていること。利用限度額が高い人ほど低い金利で利用できること。そして消費者金融と同じぐらいスピーディーな融資が可能なことでしょう。

ただし、銀行系カードローンにはいくつかの原則があります。まず、同じ銀行で複数のカードローンがある場合、または借りたお金の利用目的が自由なタイプのローンがある場合でも、1つを利用している人は、他のローンに申し込めません。住宅ローン、マイカーローンのように目的のはっきりしたローンは別です。

この結果、銀行系カードローンを利用している人は、利用枠を拡大したいと思ったら、その銀行に増枠の申し込みをして審査をしてもらうか、他のカードローンを新たに申し込むことになります。貸金業にはさきほどの総量規制があることから、貸し出せる総額が、その人の年収の3分の1までとなっていますので、銀行系カードローンで30万円のキャッシング枠があることを考慮して、貸し出すことになります。

一方、銀行系カードローンはその規制の対象外ですので、事実上、審査でOKとなれば年収の3分の1以上の借入もできるのです。ただし、無担保、無保証人で手軽にキャッシングできるこの仕組みを支えているのは、保証会社です。保証会社の多くは、この貸金業を営んでいることが多く、万が一、借り手が返済できなくなったら、代わりに銀行に返済し、あとは自分たちで回収しなければなりません。

そういうことから考えると、審査段階で総量規制を念頭において判断することが多いと考えていいでしょう。よほどそれをはねのけることのできるほどの財産をお持ちだとか年収をお持ちの場合を除き、厳しい上限を設けると考えられます。このため他行でカードローンを作った人が、別の銀行系カードローンに申し込んだときには、その利用状況が問われる可能性があります。30万円の利用枠で上手に使ってらっしゃるとしたら、他行でもカードローンの審査に通る可能性はかなりあると見ていいでしょう。

ただし、銀行系カードローンの審査では、消費者金融などからのキャッシング利用は3社が限界と考えてください。この考えからすれば、銀行系カードローンを複数申し込んで審査に通る可能性は、かなり厳しいと見ていいでしょう。いまのカードローンがいやなら、早く返済して解約してから別のカードローンに申し込むのがいい方法ですし、別にいやではないのなら、増枠を申し込んでみるのがいい方法です。

【参考ページ】
キャッシング中、新たにカードローンを申込みたい方はこちらへ

複数の貸金業者からキャッシング掛け持ちできるの

キャッシングの申し込みを行って審査に通ると、キャッシングが出来るようになります。しかし、いくらでも借りていいということにはならず、契約者ごとに利用限度額が設定されます。たとえば、Aさんの場合は10万円、Bさんの場合は50万円という風に同じ貸金業者と契約している人でもいくらまで借りられるのかは違ってきます。利用限度額は申請すると上げてもらえることもありますが、上げてもらえない場合も少なくありません。

たとえば、10万円の利用限度額のまま変わらないということもあります。10万円というのは、ちょっとしたキャッシングとしては充分な額と言えますが、大きな出費が連続する場合の額としては物足りないでしょう。では、こういう場合、別の貸金業者から新たにお金を借りること、つまり、キャッシング掛け持ちできるのでしょうか。法律上、複数の貸金業者から借りてはいけないというものはなく、また、数が多くなければ審査にも影響はありません。

現在、一社から借りていて、新たに別の業者から借りたいという場合、申込書の他社借入件数に一社と書く必要がありますが、その他に、たとえば、他社との契約書のコピーを提出しろといった条件をつけられることはありません。複数の貸金業者からお金を借りている状態は多重債務と呼ばれますが、多重債務だから問題ということにはなりません。というのは、たとえば、クレジットカードを利用していて、住宅ローンもあるという人は少なくありませんが、そういう人の家計はピンチなのかというと、そういうわけではないからです。

たとえば、10万円という利用限度額が少ないので、せめて30万円ぐらいにしておきたいと、別の貸金業者に申し込んで20万円の枠を得て、二つの利用限度額をコントロール出来れば特に問題はないのです。問題になる多重債務というのは、返済のあてがないのに次々と借り入れを申し込むようなものであり、そうでなければ複数の貸金業者から借りても大丈夫です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 即日キャッシングをお探しなら!※安定評価の業者はここだけ! All Rights Reserved.