キャッシングの審査が通らない人のタイプ

キャッシングベスト3

キャッシングの審査が通らない人はどんなタイプの人なのか?

私はかなり前に消費者金融のキャッシングを利用したことがありますが、ほとんど借入れせずに解約してしまいました。最近、ローン会社のよい評判を聞くので今度は本格的に利用しよう思っているのですが、その反面審査が厳しくなったとも聞いており少し不安になっています。キャッシングの審査で落とされることもあるようですが、審査が通らない人はどんなタイプの人なのでしょうか。

就業上、債務状況、申請方法に問題がある人は通過しにくいです

キャッシングの審査が通らない人のタイプを簡単に表現することは困難ですが、大きく4つの側面から捉えることが可能です。その人達には、安定した仕事に従事していない、安定した収入が少ない、転職回数が多いなどの就業上の問題があります。また、借入額や借入件数が多いという債務の問題、返済の長期滞納などの信用面の問題、誤記入する、同時期に複数の会社に申込むという申請上の問題をもっていることも少なくありません。

キャッシングローン会社の多くは、貸付条件として安定した収入を得ていることを要求しています。そのため、アルバイトや派遣社員などの不安定な仕事についている人は審査での評価が厳しくなるとともに融資額や金利の面で正社員と比べて不利になることがあります。また、転職回数が多い人や就職して1年に満たない人の場合も今後の離職の可能性の点から審査に影響することもあるとみられています。

また、ローン会社はお金を貸して元金と利息を回収することで事業が成立するので、申込者の信用度を重視しています。そのためローン会社は信用情報機関からクレジットカードやカードローンなどでの返済遅延の有無、遅延の繰り返し、遅延期間などの申込者の信用情報を入手して信用度を図るのです。ローン会社によっても異なりますが、この信用面での瑕疵が審査に最も影響する要素であると考えられています。

次は返済能力とも関わりのある債務面の問題です。借入額や借入件数が多い人もローン会社の審査に通りにくいといわれています。大手の消費者金融や銀行などのホームページにはお借入診断という簡易審査システムがありますが、この審査の質問に年収とともに借入額や借入件数が含まれることが非常に多いです。この点から年収と借入額や借入件数のバランスが悪いと審査に通りにくくなることが推察されるのです。

最後に申請上の問題があります。ローンの申請の際に要求される記入事項を誤って入力してしまいそれが後でばれると一気に信用がなくなります。信用がなくなればローンを利用することはできなくなるので手続きをいい加減にするような人は審査が通りにくくなるでしょう。また、同時期に複数のローンを申し込むこともよくありますが、すべて審査に落ちてしまうと申込ブラックになってしまいそれ以降の審査が益々厳しくなってしまいます。

こうした4つの側面の問題がありますが、4つすべてそろって審査が厳しくなるというものではなく、その中の1つでも内容次第では審査に落ちることは十分にあります。直ぐに改善できるものと時間をかけないとできないものもありますが、少なくともこうした特徴を理解して現状よりも悪化させないことをまず優先する必要があるでしょう。そして、可能なものから少しずつでも改善に取り組んでほしいものですね。

【参考ページはこちら】
キャッシング審査に落ちる理由には何がある?

キャッシングの審査通らない人ってどういう人なの?

現在の社会では一般労働者の5人に1人がキャッシングを利用しているとされています。かつてまで「消費者金融」と言う言葉には様々なネガティブイメージが付いていますが、現代ではそういったネガティブなイメージのほとんどは払拭され、安全性の高い業界であるということが周知されるようになって来ました。しかしどれだけキャッシングの普及率が上がってきたとしても、「誰もが使える」というわけではないということには注意が必要です。実際に利用を出来るかどうかという点についてはそれぞれの事業者が定める審査の結果次第です。

ではこの「審査通らない人」の特徴といえる点はどこにあるのでしょうか。まず最も多いケースとなるのが「収入面に不安がある場合」です。
もちろん数千万円の年収が求められるということはまずありえないことですが、全く収入が無いというような場合には審査を通過できる見込みはほとんどありません。アルバイトやパートなどで毎月決まった収入があるというのであれば審査を通過することは可能ですが、無職の人に関しては残念ながら審査を通過することはできないということになってしまいます。

また収入が多いとしても「自営業者」のように、収入の金額が毎月変動するというような人も審査を通過しづらいというのが実情です。収入が変動するということは月々に返済できる金額が変わるということになってしまいますから、こうした人に関しては「返済能力が不足しているわけではないが不安定であり、リスクがある」と判断されてしまうのです。

また同様に審査通らない人のケースで多いのが「他社借入状況が思わしくない」と言う場合です。一見するとこうした情報は自身が伝えない限り業者に伝わることはないようにも見えますが、実際にはこうした借入・返済状況と言うものは信用情報機関が管理しており、その信用情報機関に管理されている情報は加盟している業者すべてが閲覧することが出来ます。

そのため他社からの借入額が既に膨大と言うような場合には、おまとめローンなどの例外を除いて審査の結果は厳しくなりがちです。とはいえキャッシングの審査は実際に受けて見るまでは結果がわからないものでもありますから、もし利用したいという場合には業者の相談窓口に連絡をしてみると良いでしょう。
(⇒キャッシング審査を断られた時にするべきこと

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 即日キャッシングをお探しなら!※安定評価の業者はここだけ! All Rights Reserved.