「サラ金」と「消費者金融」に違いはありますか?

「サラ金」と「消費者金融」は同じですか?ネットで見ていると、サラ金と消費者金融の用語がそれぞれ使われているので、違いがあれば教えて下さい。イメージ的には、サラ金はちょっと怖い感じがします。

「サラ金」と「消費者金融」は同じ意味です

「サラ金」とは、サラリーマン金融という略語です。これは、文字通り、サラリーマンを対象にお金を貸したりする金融会社のことをいい、「街金」ともいいます。しかし、しだいに、サラリーマン以外にも専業主婦なども利用するようになっていったため、「消費者金融」と呼ばれるようになりました。

呼び名が「消費者金融」となったので、サラ金という呼び方と比べて、少しソフトな感じもしますね。このように、サラ金も消費者金融も同じですので、何ら心配するようなことはありません。なお、サラ金は、1970年代ごろに呼ばれていたそうです。

ただし、闇金には注意しなければなりません。闇金は、消費者金融と比べて審査もゆるいので借りる側にとってはありがたい話です。しかし、金利が法律で定められているよりはるかに高いので、闇金に手をつけないように気をつけなければなりません。なお、出資法では、貸金業者が課すことのできる金利は20%が上限となっています。これを1つの判断材料にするのもよいかと思います。

闇金に手をつけてしまうと、いつまでたっても返済が終わりません。お金を借りる際は、必ず情報を集めるなどして安易に選ばないようにしましょう。また、サラ金や消費者金融などの名称にこだわる必要は全くありません。大事なことはその金融会社の中身を知ることです。

気になるけど人に聞けない!サラ金と消費者金融ってどう違うの?

一般にお金を借りる施設を「消費者金融」と言います。同様の意味として「サラ金」というものがありますが、この2つの言葉は何が違うのでしょうか。一般的にはサラ金が良く呼ばれる気はしますが、消費者金融が正式名称っぽい気もします。ではサラ金は愛称や略称に近いもの…なのでしょうか。

実は消費者金融もサラ金も、意味は同じです。単に呼び方が違うだけなんですね。サラ金の語源は「サラリーマン金融」で、それが略されて「サラ金」となりました。当時は「サラ金」の他に、「街金」という呼ばれ方もしていました。こちらは今も時々耳にする言葉ですね。

バブル経済が破綻した1990年あたりにはサラ金に関する法律や制度もまだ十分ではなく、ひどい金利での融資や暴力的な取り立てなどが社会問題にもなりました。「サラ金地獄」という言葉が呼ばれだしたのもこの頃ですね。

バブル経済でお金に関する貸し借りが大らかだった頃、借りる側もすぐ返済が可能な位に国民の経済状態は潤っていました。タクシーの運転手に1万円のチップを渡すような時代だったと言うから驚きですよね…。そしてバブル経済が破綻してお金の返済がままならなくなったとき、サラ金は暴力に訴えてでも借りた人たちから借金を取り立てようとします。

実際に「サラ金地獄」の時代は、金融に関する事故や犯罪件数、自殺者なども目に見えて多くなり、社会問題となった時代背景もあります。内臓を売ったり、強制労働させたりというのは、以外と真実かもしない…。と思ってしまうレベルですね。

そんな時代背景もあり、「サラ金」という言葉はイメージが悪い!ということで「消費者金融」という言葉が使わ始めた…という経緯があります。その頃からお金融に関する法律が整い始め、金融に関する事故や犯罪も減少していきます。

意味は同じでも、そこに込められた歴史やイメージなどが異なるのは確かです。あなたは消費者金融と呼びますか?それともサラ金でしょうか。どちらでも構わないし間違いはないですが、言葉の意味を知ることで、何かが変わってくるかもしれませんね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 即日キャッシングをお探しなら!※安定評価の業者はここだけ! All Rights Reserved.