収入のない学生が海外キャッシングできるか

キャッシングベスト3

収入なしの学生が海外キャッシングできるカードはあるのか?

私は関西の大学に通う2年生ですが、3カ月後に海外への短期留学を行う予定です。留学中の生活費などに備え海外キャッシングできるクレジットカードなどが必要となりそうですが、よくわからず困っています。現在、私はアルバイトをしていないので収入がありませんが、それでも海外でキャッシングできるカードを作ることができるのでしょうか。

可能ですが利用限度額が少ない、制約も多いので注意が必要です

収入のない学生でも海外でキャッシングできるクレジットカードは多いといえませんがあります。ただし、利用や契約に関しての制約が少なくないため多少使いづらい点は否定できないかもしれません。その制約には、総量規制の適用を受けるクレジットカードではアルバイトなどでの収入が必要となる、親の同意書や収入証明書が求められることがある、利用限度額が低い、などがあります。

学生の消費活動も広範囲に広がりクレジットカードを利用する者も増えてきましたが、契約や利用する上で社会人よりも制限されることが少なくありません。もともと学生に多くの収入を期待できるものではないため、クレジットカードの利用条件として収入を含めるものは多くないでしょう。しかし、キャッシング機能をつけると貸金業法が適用されることになるので話が変わってきます。

キャッシングを利用することにすれば総量規制の適用を受けることになるので、事業者は利用者の年収の3分の1を超えてお金を貸すことができません。また、その収入があるかどうかの確認を何らかの方法で行う必要性もでてきて、借りる側も貸す側も面倒な手続きが発生するわけです。ただし、銀行が発行するクレジットカードの場合は総量規制の適用を受けないので法律的には貸す側の判断でいくらでも貸すことができます。

しかし、現実的には銀行のものであってもキャッシングの利用限度額は10万円程度になっていることが多いです。そして、海外でのキャッシング枠は同程度か少ない額が設定されているところもあります。したがって、アルバトでいくら収入を増やしてもキャッシング枠を増大させることは難しいとみてよいでしょう。特に海外キャッシングについてはより厳しいかもしれません。

また、クレジットカードの場合は、学生でも未成年者は契約の際に親の同意を求められることがあるので、未成年者が親に内緒でクレジットカードをもつことは容易ではありません。あなたは既に20歳になっているかもしれませんが、そうでな場合の申し込みでは注意しておいたほうがよいでしょう。

クレジットカード以外で海外でのキャッシングが可能なカードとしては国際キャッシュカードがあります。実質的には銀行のキャッシュカードと同様の機能を持っていますが、海外でキャッシングできるのが特徴です。ただし、現在新規発行を行っているのは新生銀行ぐらいなので、利用には同行での口座開設などが必要となってきます。

また、利用限度額は国内の普通預金口座の残高の範囲内で、1日の利用限度額は原則10万円までと設定されています。そのため、海外でのキャッシングの額としては学生が利用できるクレジットカードより多いといえそうです。短期留学での生活費次第では一般的なクレジットカードよりも利用しやすいかもしれません。

【参考ページはこちら】
学生用の三井住友VISAカードは海外キャッシングもできる?

収入なしの学生でも海外キャッシングは出来るのか

学生のときに、海外旅行や海外留学をされるかたも多いと思われますが、その際に海外キャッシングなどは出来るのでしょうか。また、収入なしでもキャッシングカードなどは申し込みが出来るのでしょうか。実は、学生でもカードの申込は可能で、更に海外キャッシングも出来るカードもあります。ただ、収入がまだ少ないので、限度額などが低めに設定されています。

大学生や短大生、専門学校生などが対象になりますが、高校生は満18歳以上でも申し込みは出来ません。カードによって、年会費が無料のところとある程度の年会費が必用になるタイプがあるので、申込み前にはよく確認することが大切になってきますただ、年会費無料だと付帯されていないサービスなどがあります。特に、海外旅行などをする場合は、海外旅行保険が付帯されている方が安心なので、このサービスが付帯されているかなども申し込み前によく確認しておく必要があります。

海外キャッシングが可能な学生カードに申込みときには、収入なしでは審査が通りません。定期的な収入がアルバイトの収入証明書が必用になります。年収証明書類では、本人の源泉徴収票や給与明細直近2か月分が必要となります。これは、親の収入証明書では不可です。また、キャッシング枠は5万円から10万円までぐらいです。

社会人の場合では、年収の自己申告でも可能なことが多いですが、大学生などでは駄目なようです。また、カード会社によってはキャッシング枠の設定がないことも多いので、キャッシング枠があるかどうか、更に海外でも利用が可能かどうかを確認しておく必要があります。海外では、クレジットカードなどは身分証明代わりにもなるので、一枚は作っておいた方がよいでしょう。

海外では、現金を両替するよりも手数料がかからないので、便利でお得です。空港やホテル、駅や街角などに設置されているATMで、現地通貨を引き出すことが出来ます。特別な手続きなども不要で、帰国後に繰上げ一括返済などを行うことで金利などの負担も最小限に抑えれます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 即日キャッシングをお探しなら!※安定評価の業者はここだけ! All Rights Reserved.