学生用クレジットカードは留学でも便利?

キャッシングベスト3

学生が留学ビザで海外へ行ったときのキャッシングはどうなる?

私の子どもはいま大学生ですが、留学ビザで長期の海外留学をすることになりました。当人は、こちらから送金したお金だけでは不安でしょうから、学生用クレジットカードを利用することも考えているようです。キャッシングなどは利用できるでしょうか?

家族カードを持たせることを考えた方がいいかもしれません

学生カードでのキャッシングはそれほど大きな枠は望めません。もし審査を通ったとしても10万円以下でしょう。長期ではすぐ限度枠になってしまう可能性があります。そもそもショッピングの限度枠も少ないのですから、社会人の持つカードのようには利用できないと思った方がいいでしょう。

それよりも家族カードを使うことを考えてみてはいかがでしょうか。親が持っているクレジットカードの家族カードです。カード会社に相談して、通常、家族カードには設定されていないことが多いキャッシングについて設定できるかどうか、確認してみてください。これはカード会社、そして親の信用度などによっても結果が違うことなので、必ずできるとは言えませんが、試して損はありません。

もし家族カードで海外キャッシングも可能になったときは、学生カードよりは大きな枠ができるはずです。ただし親がショッピング枠やキャッシング枠をめいっぱい使ってしまったら利用できなくなる可能性があるので、親も利用については注意してください。

明細は親のところに来るので、どのようにお子さんが利用しているかも一目瞭然(タイムラグはありますけども)。また、どのような為替レートで計算されているか、ATMなどの利用手数料がどうなっているかをチェックして、このまま使い続けるか、別の方法で送金するかを考えた方がいいでしょう。基本的にはクレジットカードによる海外キャッシングの手数料は、他の方法に比べると高くはなく、むしろ得をすることが多いとは言われていますが、留学先の国、通貨などによっても違うからです。

次に、キャッシュパスポートを作っておくこともオススメします。これは留学にも便利なカードで、キャッシュカードでもなければキャッシングでもありません。日本円で入金して現地通貨(ドル、豪ドル、英ポンド、ユーロ)で引き出せるプリペイドカードです。そのため、年齢制限もなく、審査もありません。

日本円で100万円まで事前に入金しておき、現地に行って現地通貨で必要に応じて引き出します。学費などの支払いにも使えて便利です。また、Masterカードのついたタイプでは加盟店でデビットカードとして使えます(残高の範囲で購入できます)。

もちろん、残高が足りなくなってきたら、日本にいる家族が入金をすることもできますので安心です。現地に銀行口座を作るには時間がかかることもあるでしょうし、それまで待てない場合にもこのキャッシュパスポートが便利です。ただし現地通貨別にカードを発行しますので、1枚で多通貨に対応しているわけではありません。

【参考ページはこちら】
学生でも安心して利用できるおすすめキャッシング会社

学生がビザを取って海外留学する場合のキャッシングについて

最近では留学という文化が根付いています。これは学生などがビザを取って比較的長期にわたって海外で語学研修などの機会を得るという活動です。この様な留学先としてはヨーロッパやアメリカ等の先進国を目的地にしたものが多いのですが、その様な場での生活費のためにキャッシングというサービスを利用することが多くなってきています。

現地での生活のために必要な資金は自分で稼いでから行く場合もあれば、誰かから支援してもらう場合もあるでしょう。しかしそのお金を現地通貨にして常に持ち歩くわけにはいきませんし、海外に自分用の口座を持つというのも中々に困難なことです。そのため料学生の中には日本の口座の中に必要な資金を入れておき、必要な現地通貨についてはキャッシングで引き出すという仕組みを採用している人が少なからずいます。

この様なキャッシングを利用するメリットとしては、必要な資金を外貨にして持ち歩く必要がないという点です。留学など長期にわたる海外生活の場合には相応の資金が必要になるものです。しかしそのためのお金をすべて現金で持ち歩くことはセキュリティ上も危険ですし、現実的に困難なことなのです。そのためカード一枚に全てを集約して必要な時に必要なだけの資金を引き出すという仕組みを活用することが良いと考えられます。

現在では親の信用を使用して学生でもクレジットカード契約をすることが可能になりました。そのクレジットカードのキャッシング枠を利用すれば普通の生活をする上で困ることはないでしょう。

留学は早いものでは半年、長くても数年というケースが殆どです。永住するのでなければわざわざ銀行口座を作るのもあまり意味のないことです。そもそも留学のためのビザでは働くことができませんので口座を持っていなくても困ることはないのが一般的なのです。留学の場合には生活の基盤は大学の施設やホストファミリーなどが担うことが多いでしょう。そのような環境では多額の現金はいらないのが現実です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 即日キャッシングをお探しなら!※安定評価の業者はここだけ! All Rights Reserved.