車検が近づいてきたがお金がないので、ローンを組んでもよいのか

もうすぐで車検があります。しかし、手元に現金がないので、このままでは車検のお金を支払うことが難しくなります。車検のお金をローンにすることはできないでしょうか。また、車検会社にそのようなサービスはあるのでしょうか。

車検会社より銀行のフリーローンを利用しましょう

車検は、1回につきおよそ10万円弱かかります。そして、車検は、新車時から始まり、初回は3年目、2回目以降は2年ごとに定期的に行われます。計画的にお金を貯めておけば何ら問題ありませんが、なかなかうまくはいかないものです。そこで、車検会社は信販会社などと提携して車検ローンのサービスを提供しています。

しかし、車検会社の車検ローンは金利が高い傾向にあります。金利が高いと毎月の支払額にも影響してくるので、金利は重視したいポイントでもあります。一方で、銀行のフリーローンを利用すれば、車検会社と比較して金利は低めかと思います。

フリーローンとは、文字通り、使い道が自由なローンのことです。したがって、車検の費用にも充てることができます。銀行は金利が低めに設定されているので、無理なく返済することができます。また、銀行は信頼があるので、利用者は安心してローンを申し込むことができます。

このように、車検費用をローンにしようと考えているのであれば、銀行のフリーローンを利用することをオススメします。ネットで申し込むができて、保証人も不要となっているので、手軽に安心して申し込むことができます。ただし、しっかりと返済計画は立てておきましょう。

探してみればこんなのも!なんと車検をローンで払う方法!

車を持っている人に必ず義務づけられているのが法令点検で、6カ月点検、12カ月点検、そして2年に1回受けないといけない車検があります。車の使用年数によっては、1年車検になる車もありますが通常2年に1回受けないといけないのが車検です。

この車検に関する費用が貴方の車の法令で義務付けられて必ずやらないといけない整備の中では最もお金が掛かる整備になります。その車検費用は、車の大きさによっても違いますが、通常5万円から10万円あたりです。でも、車検の時に故障した場所があれば修理する事が必要になって来ます。さらにその修理の時に交換を要する部品などがあれば、その部品代も余計にかかるので、車検費用はさらに高くなります。しかも、交換する部品が高価な部品なら、予想外の高い出費になる可能性だってあります。

ともあれ、2年に1回必ず受けないといけない車検ですから、これを受けて車検に合格しないと折角自家用車を持っていても車に乗る事は出来ません。ですから車検用として準備するお金は、けして小さな金額じゃありません。だから車検の時の車の状態によっては、予期せぬ出費となって資金のやり繰りに困る事も当然出てきます。でも、そんな時、ローンで車検の支払いをする方法があるのです。

マイカーローンと呼ばれる購入の際にも使えるローンもありますが、ここで特に紹介させていただくのは車検の時にカードローンを利用できる話ですので、車検にポイントをあてて説明して行きましょう。車検用にカードローンを利用する方法の中で、とても使い勝手が良くて便利なのがフリーローンを使うという方法です。2年に一度きり、つまり一度だけと考えると、フリーローンの30日間無利息という返済方法を使えば、無利息で車検費用をまかなう事が出来ます。

それに、フリーローンで限度額50万円以内でしたら審査に合格すれば、即日にカードの発行とキャッシングが出来ます。それなら、車検の時に発見した故障や、故障などが原因での部品交換などが必要になって、車検費用が予想外に高くなっても、十分対応できますから安心して車検を受ける事が出来ます。勿論、同じフリーローンでもカードローン会社によって、利率も、返済方法も異なりますから、同じフリーローンでも、最も条件のいいローンを利用たい方がいい事は言うまでもありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 即日キャッシングをお探しなら!※安定評価の業者はここだけ! All Rights Reserved.